骨肉腫を発見して適切な処置を受けよう|ガンをかっとばせー

検査を受けよう

どんな人も油断はできない!圧迫骨折を治すためには、実績だけではなく、利用者からも評価が高い病院を選ぶ必要があります。

骨のがんといわれる骨肉腫とは

骨肉腫とは、骨に悪腫瘍ができてそれががん化する病気である。放置すると、骨にできたがん細胞が成長し、がん細胞自体が骨組織を形成してしまい、骨の肥大、変形を生じる。このことから、骨肉腫は骨のがんと呼ばれている。 骨肉腫の発生率は、人口100万人当たり年間3人程度と非常に低く、また、若年層でしかも女性より男性の方が発症する確率が高いのが特徴である。発症する部位は、膝が全体の約60%と最も多く、次いで股関節、肩関節の順になる。 骨肉腫を発症すると、患部が大きく腫れあがり、症状が初期の場合では若干の痛みを伴う。重症化すれば激痛へと変わり、歩行も困難になる。前述したように、発生率が非常に低いことと、発症初期の段階で自覚症状がほとんど無いことから、骨肉腫であると診断するのは難しく、手遅れになることがある。

早期の治療で生存率は60%以上

骨肉腫と疑われた場合、次の検査を行うのが一般的である。X線によるレントゲン撮影やCT検査、MRI検査で骨組織に異常がないか詳しく調べる。また、血液検査で血中の酵素成分であるアルカリフォスファターゼの数値が上昇していないか確認する。 骨肉腫の治療方法は、大きく分けて外科療法と化学療法がある。外科療法とは、骨にできたがん細胞を手術で切除する方法である。骨肉腫の治療は、基本的に手術による骨の部分的な切除は避けられない。その為、欠損した箇所に人工骨や人工関節を埋め込む処置も同時に行われるのが一般的である。化学療法とは、抗がん剤による治療である。骨肉腫は他のがんに比べ、特に抗がん剤が有効であることが判っている。使用される代表的な抗がん剤には、イホスファミド、メトトレキサートなどがある。 骨肉腫は、転移、再発の可能性が高く従来までは死亡率も高かったが、最近では治療技術も進歩したことから、早期の治療開始で5年後の生存率は60%以上となっている。

投薬をしよう

胸腺腫瘍とは、胸腺という部分に腫瘍が出来る事を言います。胸腺とは胸骨の裏側、心臓の上前部にある部分です。主な働きはTリンパ球と呼ばれる白血球を作る事です。化学療法などで治療をしていきます。

手術について知ろう

胸腺腫瘍は胸腺がんの仲間です。胸腺腫瘍になると手術をしなければなりませんが、手術方法は外科手術がほとんどです。場合によってはホルモン療法などをする場合もあります。

初期で気づこう

骨肉腫は骨に出来るがんです。初期段階で症状を感じることも可能です。多くの方が骨肉腫になっているため、自分はならないと油断をしてはいけません。抗癌剤治療をして進行を止めていきます。

↑ PAGE TOP