骨肉腫を発見して適切な処置を受けよう|ガンをかっとばせー

手術について知ろう

胸腺腫瘍は主に呼吸器科で診療されます

胸腺腫瘍は、大きく胸腺腫と胸腺がんに分けられます。細胞の悪性度の違いによって分類されますが、確定的な診断は手術で摘出した組織を検査して行なわれるのです。こういった胸腺腫瘍は、主に呼吸器科で扱います。医療機関によっては外科的処置を専門に行なう呼吸器外科を設けている場合があり、そういった場合には呼吸器外科での診療となるのが一般的です。胸腺腫瘍を持つ方の場合、時に筋力や免疫の疾患を合併していることもあります。そうした場合には、神経内科などでも胸腺腫瘍を扱うことがあるのです。血液に異常がみられる場合には、血液内科とも連携して治療を行ないます。胸腺腫瘍では合併症が起こることも珍しくなく、複数の診療科がタイアップして治療を行なう場合も多いのです。

胸腺の腫瘍の治療では手術療法が一般的です

胸腺腫瘍の治療では、手術が行なわれるのが一般的です。手術によって、胸腺に出来ている腫瘍を取り除きます。腫瘍が小さい場合には、より負担の少ない腹腔鏡手術が選択されることもあるのです。このような外科的処置で腫瘍を完全に取り除くことが出来れば、予後は比較的良好に過ごせます。病気が周囲の臓器にまで及んでいる場合には、可能な範囲で患部を切除する方法がとられるのです。がんの進行度によっては放射線療法や化学療法、ホルモン療法などが行なわれることもあります。ホルモン療法では、主にステロイド剤などが使用されるのです。胸腺腫瘍は自覚症状が少ないため、早期発見をするためにはレントゲン検査などこまめに受けることが大切になります。