骨肉腫を発見して適切な処置を受けよう|ガンをかっとばせー

投薬をしよう

胸腺腫瘍の症状等について

子供の時に体の免疫を担う働きをして、大人になると脂肪組織となって役目を終えます。この大人になって脂肪組織となった胸腺に腫瘍が出来るのが、胸腺腫瘍なのです。 胸腺腫瘍の症状は腫瘍そのものが起こす症状と、免疫異常等の合併症で起きる症状の2種類に分類する事が出来ます。 腫瘍そのものが起こす症状としては、胸の痛みや呼吸困難、顔面や首のうっ血等があります。 合併症による症状としては重症筋無力症等があります。具体的には、疲れやすくなる、息苦しさを感じる等の症状が出ます。

具体的な治療方法等について

胸腺腫瘍の治療方法は腫瘍の進行度によって変わってきます。ただ、多くの場合、手術という治療方法が用いられます。胸腺そのものや、周囲で影響を受けている部分の切除が行なわれます。胸腺のみの切除で済めば、その後の日常生活を問題なく送れる可能性が高いです。しかし、周囲にまで切除が及ぶと、日常生活に支障をきたすようになる可能性があります。 手術が物理的に困難な場合等には、化学療法や放射線治療が行なわれます。化学療法は抗がん剤治療とも呼ばれる治療方法で、抗がん剤を投与する事でがん細胞の増殖を抑制します。放射線治療は患部に放射線を照射する治療方法です。放射線の力でがん細胞にダメージを与えるのです。 これらの方法を単独で行なったり、組合わせて行なったりします。